キャッシング利用ガイドキャッシング・カードローンコラム>カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?

カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?

まことしやかにささやかれている話としてキャッシングやカードローンの利用履歴があると住宅ローンを借りる時の審査で不利になるというものがあります。これはどこまでが本当の話で実際にどんな影響があるのでしょうか?

2015年7月24日

金融機関はカードローンの残高や利用履歴をチェックする

少し古いデータですが、国土交通省が2011年に行った全国1256金融機関を対象に実施した「民間住宅ローンの実態に関する調査」によると全体の90%を超える金融機関がカードローンの利用履歴に関する調査(チェック)を行っていると回答しています。

内容としてはカードローンの残高や返済履歴を中心に見ているようです。

こうしたことからわかるものとして、住宅ローンの審査に出す段階でカードローン・キャッシングの残高があるのは当然悪影響を与えることになるでしょう。
また、返済履歴も見ているわけですから、住宅ローンの審査に出す直前で一括返済したような場合ももしかしたら悪い影響があるかもしれません。

 

銀行は住宅ローン審査の際にどんな情報がわかるのか?

個人信用情報機関に寄せられている情報については自分でも開示請求が可能です。開示のやり方については「個人信用情報機関の持つ個人情報の読み方。CICに開示請求してみよう。」を参考にしてみてください。
この開示した内容が銀行にわかると思って差し使えありません。

カードローンやキャッシングの残高・履歴としては

・契約金額
・残債額
・返済状況
・経過状況

などがわかります。なお、完済しても5年は完済したという記録が残ります。
また、契約内容が「包括契約」の場合はずっと記録は残ります。繰り返し利用できるカードローンやキャッシングなどは包括契約となっています。返済が終了しても、こちらから解約を申し出ない限りは記録からは消えません。

 

住宅ローンを近々で利用予定ならカードローンは早めに完済しておこう

まずは、今後1年ないし2年以内に住宅ローンを利用する予定がある、住宅購入の希望があるというのであれば、カードローンは早めに完済しておくのがベターです。記録が残るとはいっても1年前、2年前に完済されているというのであれば住宅ローン審査に悪影響といえるほど影響は与えないはずです。

一方で、住宅ローンの審査のぎりぎり前に完済したというケースは、銀行側から見てもわかるわけですから、あまり好ましいとは言えないかもしれません。

 

カードローン(ローンカード)を持っているだけでもダメって聞いたけど?

その一方で、ローンカードをは持っているけど使っていないという場合にはあまり悪影響はないと考えられます。ただし、カードローンとしての融資枠については「潜在的な債務」として考えられますので、枠の大きなカードローンをもっているとその分、利用可能な住宅ローンの借入枠が小さくなる恐れがあります。

高額な住宅ローンの借り入れを検討している場合は事前に解約しておく方がよさそうです。

バックナンバー

  1. カードローンの低金利競争が進む。ネット銀行が中心に銀行勢が攻勢(2015年8月)
  2. クレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられないというのは本当?(2015年7月)
  3. カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?(2015年7月)
  4. auの携帯電話があるなら、じぶん銀行のカードローンが超お得(2015年5月)
  5. 派遣社員はキャッシング・カードローンの勤務先は派遣元と派遣先のどちらを書くべき?(2015年5月)
  6. キャッシングやカードローンでお金を借りれる確率(2014年12月)
  7. お金を借りるというのは普通のこと?(2014年12月)
  8. 個人のカードローン利用者増加、銀行を中心に大幅増(2014年9月)
  9. キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう(2014年7月)
  10. 20歳代のお金の貯め方で決まる30代(2014年3月)
  11. 意外と多い、高所得者のカードローン利用者(2014年2月)
  12. 友達からお金を借りる時の注意と心構え(2014年1月)
  13. 保証人と連帯保証人はどう違う?(2013年7月)
  14. カードローンの利用目的は娯楽費、交際費がトップ(2013年3月)
  15. キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する(2012年11月)
  16. 危険なリボ払い。リボ払いで買い物するくらいならキャッシングで借りた方がお得(2012年6月)
  17. 借金をしなければいけないときに注意したい2つのこと(2012年5月)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。カードローンの料金ともいえる金利面が魅力。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。