キャッシング利用ガイドキャッシングの基礎知識>キャッシングの利息・金利のしくみ

キャッシング・カードローンの利息・金利のしくみ

キャッシングはお金を借りることです。お金を借りるということはそこには当然「利息・金利」が発生することになります。こうしたサービスを利用する上ではキャッシングにおける金利や利息がどのように発生するのか?また、どの程度の負担になるのか?ということをしっかりと理解する必要があります。

また、できるだけ低い金利でお金を借りるということが、利用者にとってはベストの選択となります。金利が安い業者を利用するというのも一つですし、一つの業者と付き合うことで途上与信を高め、より大きな利用限度を得る(金利が下がる)というのを期待するのもアリです。

ここでは、キャッシングにおける利息や金利の仕組みをわかりやすく解説していきます。

金利・利息とは何か?

金利や利息はお金を借りることに対する対価です。通常は1年間お金を借りたときにかかる金利を示して、「%」で表示します。クレジットやキャッシングなどでお金を借りる場合は「実質年利」という名称で呼ばれることが多いです。実質年利というのは、1年間にお金を借りたときにかかる金利を指します。

なお、この実質年利には金利以外にも手数料などの費用を含むことになっています。ですので、キャッシングやカードローンで表示されている実質年利を見れば、すぐにどのくらいの金利が発生するのかが分かるようになっています。

 

キャッシングにおける利息・金利の計算方法

先ほど説明したとおり、クレジットやキャッシングでは「実質年利」というものを用いて発生する利息を計算します。計算方法は簡単です。1日の借入に対して掛かる金利・利息は実質年利を365等分(1年分を1日単位に変換)してそれを現在の元本(借りている金額)に対して掛けるだけとなります。ここでは、具体的なキャッシングの利息や金利の計算方法を分かりやすく解説しています。
>>キャッシングにおける利息・金利の計算方法

 

キャッシング金利の法的な制限(利息制限法)

キャッシングやカードローンを始めとしてお金を貸し借りする時の金利については「利息制限法」という法律によって上限が定められています。この上限は最大20%で、あとは貸付金額によって上限が下がってくる仕組みになっています。この制限はキャッシング業者との取引以外、たとえば個人的な貸し借りにも適用されます。
>>キャッシング金利の法的な制限(利息制限法)

 

お金を借りる時は金利にこだわるべき

お金を借りる時の「金利」というのは借金の価格です。金利が高いほどコストの高い借入方法であるといえます。そのため、できるだけ低金利でお金を借りるというのが、上手にキャッシングやカードローンを活用する上で重要な要素となります。ここでは、具体的に金利の差がどれだけの違いを生みだすのかを実際の数字を用いてシミュレーションしていきます。
>>お金を借りる時は金利にこだわるべき

 

キャッシングやカードローンの金利負担を抑えたい、節約したい

金利は安いほど、負担は小さくなります。 年利10%で借りれた時と年利15%で借りたときとでは大きな差が生まれます。

この金利はキャッシング業者や銀行などの貸し手によって異なりますが、それぞれの業者においても金利○%~×%というように幅が設けられています。当サイトにおいても「低金利キャッシングの人気ランキング」などと業者を比較していますが、幅があります。

この時の業者選びのポイントは以下の2つのパターンのどちらに当たるかによって変わってきます。

1)キャッシング業者にとっていわゆる「属性が良い」と言われる人
2)そうでない人

1)に該当する方の戦略としては「たくさんの融資枠(利用限度額)を1社から得ること」。そうでない人は「上限金利が安いキャッシング業者を選ぶこと」です。

 

キャッシング・カードローンの下限金利と上限金利のしくみ

キャッシングやカードローンを借りるとき、多くのキャッシング業者は「年利6.5%~18.0%」といった具合に下限金利と上限金利の二つを掲載しています。これはキャッシングを利用する上で結構大切な数字です。たとえば、年利4.0%~18.0%というキャッシングと年利8.5%~15.7%というキャッシングを比較するのでどちらで借りるのが有利になるのかが大きく変わってくるからです。ここでは、キャッシングやカードローンの下限金利・上限金利の見方と賢い借り方を解説します。
>>キャッシング・カードローンの下限金利と上限金利

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。