キャッシング利用ガイドキャッシング・カードローンコラム>キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう

キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう

キャッシングだけに限った事ではありませんが、金利が発生するローンを返済するということはそのローンの金利分の運用成果を得たのと同じことになります。たとえば、金利15%のカードローン(キャッシング)の残高が50万円ある場合、1年間に約7.5万円の金利を支払うことになります。

もしも今、キャッシングやカードローンなどのローンを組んでいる場合、予定通りに返済するだけでなく、早期の返済を繰上返済等を利用して目指しましょう。また、最低限の預金は残しておくべきですが、キャッシングを利用しながら資産運用するなんて愚かな事はやめてください。

資産運用の期待リターンとキャッシングの金利

資産運用をしている方も多いでしょうか?
株、債券、投資信託など色々な投資商品がありますよね。

たとえば、その代表として「株式投資」を挙げます。国内株式の場合、期待リターンはおおよそ5%程度です。
1年間運用すればおよそ5%程度のリターンがあるということになるわけです。仮にここでは、平均的に5%程度のリターンが見込めると考えます。

ただし、5%確実にリターンがあるわけではなくリスクもあります。国内株の場合、平均すると最大で40%程度のぶれがあります。つまり、最悪のケースでは1年後に資産が6割程度に目減りするリスクもあるということになるわけです。

仮に100万円を運用したとしましょう。平均的には年5万円のリターンが得られますが、最悪の場合は64万円程度に目減りするリスクがあるというわけです。

それと比べた時のキャッシング、カードローンを考えてみましょう。
金利を仮に13%としましょう。。この金利は100%確実に発生することになります。
100万円の借金をしていたら年に13万円の利払いが発生するということになるわけです。

 

何がいいたいのか?というと、もしも、ローンを組んでいる状況で余剰資産がある場合はそれを返済原資に充てる方がよっぽど得だということです。

世の中には、キャッシングやカードローンなどで借金をする一方で株などの資産を持っていたり、高額な生命保険や年金保険の保険料を支払っている人も多いです。

今売買できる資産運用性の金融商品のリターンとキャッシングやカードローンの利息を考えると、その原資があるなら、先に借金の返済にあてた方がよほど有効な資産運用になります。

生命保険や年金などは途中解約をすると元本割れをするようなケースもありますが、ローンの金額によっては損をしてでも解約してその分を借金返済に充てるほうが有利となることも多いです。

仮に100万円払ってきた生命保険があり、途中解約すると90万円にしかならないというケースがあるとします。
その一方で、借金として100万円があり、月3万円の返済がギリギリだとします。金利は13%です。

保険を解約してキャッシング返済に充てた場合
この場合の損失は解約返戻金と積み立ててきた保険料の差額である10万円です。

保険を解約せずに毎月キャッシングの返済をした場合
この場合、キャッシングに対して支払う総利息は18.8万円になります。

 

上記のようなケースだと保険を解約してでも借金の早期返済に充てた方が有利ということになります。すべて一概には言えませんが、キャッシングやカードローンのうな金利の高い借金は、早期返済が極めて効率的な資産運用と同じということを理解しておいてください。

 

バックナンバー

  1. カードローンの低金利競争が進む。ネット銀行が中心に銀行勢が攻勢(2015年8月)
  2. クレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられないというのは本当?(2015年7月)
  3. カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?(2015年7月)
  4. auの携帯電話があるなら、じぶん銀行のカードローンが超お得(2015年5月)
  5. 派遣社員はキャッシング・カードローンの勤務先は派遣元と派遣先のどちらを書くべき?(2015年5月)
  6. キャッシングやカードローンでお金を借りれる確率(2014年12月)
  7. お金を借りるというのは普通のこと?(2014年12月)
  8. 個人のカードローン利用者増加、銀行を中心に大幅増(2014年9月)
  9. キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう(2014年7月)
  10. 20歳代のお金の貯め方で決まる30代(2014年3月)
  11. 意外と多い、高所得者のカードローン利用者(2014年2月)
  12. 友達からお金を借りる時の注意と心構え(2014年1月)
  13. 保証人と連帯保証人はどう違う?(2013年7月)
  14. カードローンの利用目的は娯楽費、交際費がトップ(2013年3月)
  15. キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する(2012年11月)
  16. 危険なリボ払い。リボ払いで買い物するくらいならキャッシングで借りた方がお得(2012年6月)
  17. 借金をしなければいけないときに注意したい2つのこと(2012年5月)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。