電話・固定電話とキャッシング審査

連絡手段の有無は重要です。最近は携帯電話の方が一般化していますが、固定電話もあると有利です。ただし、緊急の連絡が取りにくい「固定電話のみ」よりは「携帯電話のみ」の方が評価されます。携帯電話がないという場合はかなりのマイナス評価となる可能性が高いです。一方で、固定電話+携帯電話は携帯電話のみと比べて格段に評価されます。

携帯電話と固定電話はどっちが有利?

以前はキャッシングやクレジットなどの審査では「固定電話」がその人の信用度を高めるという意味で重要でした。回線を引くためには「電話加入権」と呼ばれる権利をNTTから買う必要がありましし、キャッシング業者にとっても自宅に直接連絡できるというのは評価される項目です。

ただし、携帯電話が当たり前のように普及して、固定電話を持つメリットが低下してきた現在ではその評価もややかわりつつあります。

固定電話を持たない世帯も多く、特に独身世帯で固定電話を持つ世帯はほとんどいないでしょう。
また、キャッシング業者にとっても急ぎの連絡がいつ電話に出てくれるかわからない固定電話よりも、つながる携帯電話の方が高い評価を受けます。

一方で、携帯電話の場合は解約が簡単だったり、番号の変更も比較的容易であることから、携帯電話しか連絡手段がないというのはキャッシング業者には不安です。そのため、審査の際には、「固定電話+携帯電話」の両方登録というのが一番安心できるのです。

評価の程度を比較すると「固定電話+携帯電話」>「携帯電話のみ」>「固定電話のみ」という評価になるものと思われます。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。