賢いお金の借り方

お金を借りるというのはできるのであれば利用したくないものです。しかしながら色々な事情でお金が必要になるばあいもあるでしょう。ただ、そんなとき闇雲にお金を借りるというのはよくありません。あなたのおかれた状態や目的等に応じて賢くお金を借りましょう。

一番よいのは、お金を借りなくて済む方法を見つけることです。キャッシングやローンは最近金利が多少安くなったとはいえ高率です。定期預金で1%も金利がつかないご時世に10%を超える金利がかかるわけです。

まずは、借りないで済む方法を考え、どうしても必要という場合はできるだけ安い金利、安い負担で借りれるように賢く利用しましょう。

まずは、借りないですむ方法がないかを探してみる

まずは、お金を借りないで済む方法がないかを考えてみましょう。なんとくな生活が苦しいとか、ちょっと買いたいものがあるといった内容なら、生活費の見直しをしたり、買い物をちょっと待ってみるということで借りないで済むという選択肢だってあるわけです。

参考になるかもしれません
固定費用を見直そう(資産運用と家計管理)
お金が貯まる人の習慣や行動パターンのまとめ

また、お金を借りるというのは「金利(利息)」というコストがかかります。
お金を借りる時にかかる金利は定期預金など預ける時の金利と比較して相当高い水準となります。
借りる必要性が低いというのであればなるべく利用しないことをお勧めします。

 

どうしても必要なら「低金利」で借りれる工夫をしよう

お金を借りる時の値段が「金利」です。高い金利でお金を借りるということはその分だけ多くのお金を返済しなくてはなりません。将来のわたっての返済を少なくするためには「低金利」でお金を借りることができるように工夫して借りるようにします。

 

生活再建のためなら公的融資が利用できるケースもある

生活が苦しくてお金を借りなければいけない・・・。そんなとき金利の高い消費者金融(カードローン)を使っていては、利息が大きすぎて抜本的な解決にならないというケースもあるでしょう。そういう時は、生活再建のための公的な融資が利用できることがあります。こうした融資は低利で利用できるため、利用できるのであれば活用しましょう。
>>生活再建のため公的融資が利用できるケースもある

 

生命保険の契約者貸付は利用できないか?

生命保険に加入している方は「契約者貸付」という制度が利用できる場合があります。これは生命保険契約者が保険契約の「解約返戻金」を担保として、その範囲内でお金を借りることができるというシステムです。
お金を借りる形になるので当然金利は発生しますが、キャッシングやカードローンと比較すると低金利で借りることができます。 生命保険以外も、契約者に対して貸付ができるものもあります。そういった契約がないかをまずは探しましょう。
>>生命保険の契約者貸付は利用できないか?

 

目的型のローンや有担保ローンが使えないか?

一般的に、カードローンやキャッシングは使途を限定しないローンです。また、無担保で担保や保証人不要で借りることができます。その手軽さゆえ金利が高くなっているのです。目的が限定されている教育ローンやリフォームローン、また担保を差し入れるタイプのローン(証券担保ローンなど)はキャッシングやカードローンよりも低コストでお金を借りることができます。こうした目的型ローンと資金使途があっていれば、こちらを使う方がお得です。
>>目的型のローンや有担保ローンが使えないか?

 

収入と支出のバランスを考えた借入を行う

よく消費者金融のテレビCMなどで表示される「収入と支出のバランスを考えましょう」といった文言。あたりまえじゃないか!と思うかもしれませんが、これはキャッシングに限らず、借金をするときの重要な考え方です。このバランスがおかしい状態でのキャッシングは身を破滅させる恐れがあります。
>>収入と支出のバランスを考えた借入を行う

 

キャッシング・カードローンなら借入限度枠は最大にする

キャッシングの仕組みとして借入限度額(借入枠)が大きいほど、適用される金利が安くなるケースが多いです。たとえば、借入可能額が50万円以下は12%だけど、100万円以上の場合は8%といった具合です。総量規制によって個人が借りることができるキャッシング枠の総量は決まってしまいましたが、その場合、小口の借入限度枠を複数抱えるよりも、大きな借入が可能な1社を持つ場合の方がお得なケースがあります。
借りれるのであれば「銀行カードローン」などが低金利で借りることができます。
>>キャッシング・カードローンなら借入限度枠は最大にする

 

一定期間無利息のキャッシングも活用する

また、ごく短期の借り入れということなら、一定期間金利が無利息となるキャッシングを利用するというのも手です。初回限り30日とか、毎回1週間は無金利(無利息)といったサービスもあるので、短期の借り入れならこうしたものを利用してしのぎましょう。
無利息期間内に完済できれば金利はゼロです。具体的な金融機関は「無利息・無金利期間のあるキャッシング」をご参照ください。
>>一定期間無利息のキャッシングも活用する

 

会社経営者なら小規模企業共済・倒産防止共済からの借り入れも検討

会社経営者の方でしたら、小規模企業共済や倒産防止共済といった各種共済の貸付が利用できる可能性があります。これまでに支払ったお金の範囲内にはなりますが、低利で利用可能です。特にキャッシングやカードローンは事業資金には使うことが許されません。一方でこうした貸付は事業資金としても利用可能です。
>>会社経営者なら小規模企業共済・倒産防止共済からの借り入れも検討

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。