キャッシング利用ガイドキャッシングと審査>キャッシング審査と個人信用情報機関

キャッシング審査と個人信用情報機関

キャッシングの審査において重要なものが「個人信用情報機関」における情報です。個人信用情報機関というのは、個人の信用情報の収集および提供を行う機関です。ここでは、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの借入情報などが共有されています。各社はここで個人の支払い状況などを確認しています。ここに問題がある場合には、借入が困難となります。

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関とは、キャッシング業者やクレジットカード会社、銀行などが共有する個人の借入、返済に関する情報共有期間です。
キャッシングの申込やローンの申込をする際などに、あなたの過去の返済歴などが照会され審査の対象となります。なお、信用情報については本人の登録情報を確認可能です。詳しくは「こちら

信用情報機関に対して照会する情報としては下記のようなものがあります。

 

過去の返済に遅延や破産歴などがないか?「ブラック」「事故情報」

過去に長期の延滞(概ね3カ月以上)があったり、調停、自己破産、個人再生といった履歴がある場合、まず新規の審査に通ることはありません。これがいわゆる「ブラックリスト」や「事故情報」といわれるものです。
この情報は発生から7年間は記録されますので、この期間の申込はほぼNGとなります。

 

直近の申込が異常ではないか?「申込ブラック」

いわゆる「申込ブラック」というやつです。信用情報機関から過去6か月程度の申込履歴を照会することができます。「短期間の間に沢山のキャッシング業者に申込をしている」という事実が、業者側に対してよほど資金に困っているのではないか?たくさん一気にかりて逃げてしまうのでは?というように不安にさせます。
概ね短期間に3件以上の申込があると「申込ブラック」となるといわれています。気をつけましょう。

 

他社での借入総額

これは「総量規制」の影響もあります。他社を含めて100万円以上の借入の際には「所得証明」の受け取りが義務付けられているためです。また、年収の1/3までしか貸してはいけないことになっているので他社借入残高を確認します。注意したいのはこの「借入残高」は「総与信の合計」で実際に借りている金額とは限りません。たとえば実際には10万円しか借りていなくても、その会社の与信枠が50万円であれば、50万円の借入を行えるとみなされるためです。

他社の与信枠が大きすぎて、新しい業者と取引できないことが問題である場合は、与信枠の大きい会社に与信枠の縮小や使用していないキャッシングやカードローンの解約をお願いしましょう。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。