住居とキャッシング審査

一般的には「持家>賃貸」というように持家の方が有利です。ただ、賃貸だから問題ということではありません。重要なのは賃貸の場合、居住年数が評価されます。あまりに居住期間が短い場合はキャッシング業者側も審査の際、慎重になる傾向があります。概ね1年以上居住していると問題ないと評価されるそうです。

居住年数がキャッシング審査に与える影響

キャッシング業者はその人が信用できるかの要素の一つとして「居住年数」の長さを見ています。たびたび引越をしているような人は、いついなくなってしまうのかがわからないというのが理由の一つとされています。

ただし、他の属性に問題がない場合には利用限度額の引き下げなどはあっても審査上絶対に居住年数が長くないといけないということはありません。あくまでも基準の一つです。

一般的には「1年以上同じ住居に住んでいる」というのがボーダーとされています。3年以上のとなるとそれなりに高く評価されます。

 

持家と賃貸

持家と賃貸については圧倒的に前者が有利となります。持家があるということは簡単に「逃げる」という選択が取られることは少ないですし、安定しているとされるためです。
ちなみに持家における「住宅ローン」の存在は「総量規制」の規制額に入りませんので安心してください。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。