キャッシング利用ガイドキャッシングの基礎知識>キャッシングと借入限度額

キャッシング・カードローンと借入限度額と金利の関係

キャッシングには「借入限度額」というものが設定されます。借入限度額とは文字通りそのキャッシング会社(消費者金融・カードローン)で借りることができる上限額です。ここでは、キャッシング限度額のしくみと、限度額が決まるしくみや限度額と金利の関係、貸金業者向けの総量規制との兼ね合いなどを分かりやすく解説していきます。

キャッシングと借入限度額

キャッシングは利用申込をすると、それぞれに借入限度額という枠が定められます。これはその金額まで融資しますよという上限額になります。この借入限度額は利用者の側から一定の希望を出すこともできますが、最終的な決定は「キャッシング・カードローン審査」によって決められます。

 

借入限度額と金利の関係

基本的にキャッシング・カードローンでは、利用可能な限度額(融資枠であって借りている金額ではありません)が大きいほど設定される金利は安くなります。たとえば、一例としてカードローンの金利は下記のようになっていることが多いです。

(利用限度額)    :(借入利率)
500万円以下 400万円超:年1.8%
400万円以下 300万円超:年6.1%
300万円以下 200万円超:年7.6%
200万円以下 100万円超:年10.6%
100万円以下 10万円以上:年13.6%

上記のように限度枠が大きくなるほど、設定される借入金利も安くなります。

なので、できるだけ大きな限度枠を獲得することがキャッシングで有利に借りるポイントとなります。

ただ、当然のことですが、借入限度額を引き上げるにはその金額に応じて審査内容もより厳しくなるということになります。キャッシング、カードローンを利用する場合には、広告などで表示されている最低金利だけでなく、自分の利用限度額と金利の関係を理解するようにしましょう。

 

借入限度額と総量規制

その一方で、借入限度額に対しては「総量規制」と呼ばれる規制があります。
これは「総量規制とは」の項目でも説明していますが、借入限度額の総額(全消費者金融)が年収の1/3を超えてはならないというルールです。

そのため、年収が600万円の方は最大でも借入限度額は200万円までとなります。この限度額は全業者の合計となりますので、1社しか利用しないとしても、融資枠設定は「年収の1/3まで」と言うことになってしまいます。

 

大きな枠が欲しい人は銀行カードローンがオススメ

この「送料規制」という規制は、貸金業者に対する規制となっています。
そのため、貸金業法の対象ではなく、銀行法が対象となる「銀行融資(銀行カードローンを含む)」は対象外となっています。

そうしたことを受けてか、近年では消費者金融よりも銀行カードローンの方が人気を集めており、銀行も積極的に利用者を募集しています。また、「新生銀行レイク」のように、これまでは消費者金融だったサービスを親会社の銀行が吸収して、銀行カードローンとして再出発しているようなケースもあります。

各銀行のカードローンについては「銀行カードローン人気ランキング」も参考にしてください。

キャッシングランキング

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。