キャッシング利用ガイドキャッシング・カードローンコラム>キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味

キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する

キャッシングやカードローンなど今では、インターネットやコンビニATMなどを使っていとも簡単に行えるようなりました。消費者金融というと、一昔前まではかなり近づきがたいイメージを持っていた方も多いようですあ、最近では銀行が主体的にカードローンを提供するなど、利用者の敷居も下がってきているようです。

そうしたなか、借りる必要性をさほど吟味せず、安易にキャッシングやカードローンを利用する人も増えているようです。中には、住宅ローンの繰り上げ返済をしながら、キャッシングで生活費の不足をまかなうというような家計もあるようです。今回はこうしたキャッシングやカードローンを利用する場合の必要性について深く考察していければと思います。

無駄なキャッシング・ローンは使用しないのが一番

最近では、銀行もカードローンの大規模に参入しており、まるで預金を引き出すような感覚でお金が借りられるようになっています。特に、銀行系では金利の引き下げによってだいたい4%~15%前後の金利でローンが使えるようになっています。

借りやすさと、以前と比較してからの金利の低下傾向。これによってカードローンを利用するということについての敷居はどんどん下がってるようです。

 

注意したい預金感覚でのカードローン利用

ただ、こうした意識の低下は、本来は借りる必要がない(借りるべきではない)カードローンの利用をすすめているという側面もあります。

通常、日々の生活においてお金が不足した時というのは、「不足しないように節約する」ことを第一に考えるべきです。しかしながら、冒頭にも書きましたがまるで預金を引き出すような感覚でカードローンを利用するようになると、本当に借りるべきなのかの吟味もせずにローンを利用するようなケースも見られます。

たとえば、本来であれば、無駄な固定費や支出がないかを調べて、まずはそこを節約することから始めるべきでしょう。

他にも、住宅ローンの繰り上げ返済をしながらも、時々お金(生活費)が不足してしまい、その不足分をカードローンで埋めるといった本末転倒な借り方をしている人もいるそうです。

もちろん、突発的な事情でお金が必要な時に、カードローンやキャッシングは便利です。
しかし、あくまでも借金であるわけですし、低くなった金利とはいっても他のローンと比較すると高額な利息がとられてしまいます。

まずは、家計診断などをしっかりと行い、収支を見直して、本当にそのキャッシング・カードローンを利用する必要があるのかをしっかり吟味しましょう。

参考サイト。
自分でできる家計診断のポイント(収支編)
家計診断の基礎知識

バックナンバー

  1. カードローンの低金利競争が進む。ネット銀行が中心に銀行勢が攻勢(2015年8月)
  2. クレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられないというのは本当?(2015年7月)
  3. カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?(2015年7月)
  4. auの携帯電話があるなら、じぶん銀行のカードローンが超お得(2015年5月)
  5. 派遣社員はキャッシング・カードローンの勤務先は派遣元と派遣先のどちらを書くべき?(2015年5月)
  6. キャッシングやカードローンでお金を借りれる確率(2014年12月)
  7. お金を借りるというのは普通のこと?(2014年12月)
  8. 個人のカードローン利用者増加、銀行を中心に大幅増(2014年9月)
  9. キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう(2014年7月)
  10. 20歳代のお金の貯め方で決まる30代(2014年3月)
  11. 意外と多い、高所得者のカードローン利用者(2014年2月)
  12. 友達からお金を借りる時の注意と心構え(2014年1月)
  13. 保証人と連帯保証人はどう違う?(2013年7月)
  14. カードローンの利用目的は娯楽費、交際費がトップ(2013年3月)
  15. キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する(2012年11月)
  16. 危険なリボ払い。リボ払いで買い物するくらいならキャッシングで借りた方がお得(2012年6月)
  17. 借金をしなければいけないときに注意したい2つのこと(2012年5月)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。