銀行によるカードローン

最近では、銀行も個人向けのキャッシングに対してかなり前向きになっています。銀行によるキャッシングは限度額がかなり大きめに設定されていることが多く、金利も他のキャッシングと比較して低くなっています。
その代り、審査については他のキャッシングサービスよりは厳しく設定されています。また、最大の特徴の一つとして2010年6月より開始された「総量規制」の対象外という点も挙げられます。

近年では、多くの銀行がこうしたカードローンに参入しています。大手銀行の「三菱東京UFJ銀行」など都市銀行や大手ネットバンクの「住信SBIネット銀行」など消費者向けカードローンを提供しています。

銀行キャッシング(カードローン)は審査が厳しいが恩恵も大きい

銀行によるキャッシング(カードローン)は、審査が消費者金融によるキャッシングと比較すると厳しくなっています。そのため、比較的条件的に恵まれている必要があります。
一方で、その分銀行によるキャッシングやカードローンには大きなメリットもあります。

 

1.カードローン金利が安い

銀行によるカードローンは金利が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠による借入よりも低くなっているのが一般的です。低い金利で借り入れをすることができるのは利息負担を抑えることができ、大きな節約につながります。

 

2.借入可能な限度額が消費者金融よりも大きい

銀行におけるキャッシングは限度額が数百万円という単位で設定されることがあり、大きなアドバンテージとなります。銀行系のキャッシングに借り入れ枠をもっておけば、他の高い金利の業者を利用する必要がなくなります。

 

3.総量規制の対象外となる

2010年6月から施行された「総量規制」では年収の1/3までしか借入をすることができません。たとえば年収四百万円の人なら、約130万円が上限の借入となってしまいます。
しかし、銀行によるキャッシング・カードローンは「総量規制」の対象外となりますので、余分な借入枠を手にすることができるわけです。

 

注意点!銀行によるキャッシングと「銀行系キャッシング」は違う

最近は大手の消費者金融会社も○○銀行グループと謳っておりますが、銀行のよるキャッシングと「銀行系キャッシング」には大きな意味の違いがあります。

銀行によるキャッシングは○○銀行が直接の貸し手となるキャッシング(カードローン)ですが、「○○銀行グループの××キャッシング」というはあくまでも貸し手は銀行ではない「××キャッシング」という消費者金融会社となります。
当然ですが、○○銀行グループ××キャッシングは「総量規制の対象」となります。

最近はこうした総量規制による影響を嫌い、それまではいわゆる「消費者金融」であったキャッシングサービスが銀行の一部門となるケースも増えています。たとえば「レイク」などは新生銀行グループのキャッシングサービスでしたが、現在では新生銀行内のカードローンサービスとなっています。

 

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。