キャッシングとは何か?

そもそも「キャッシング」とはいったいどのようなものなのでしょうか? 基本的には「無担保」で行われる個人への小口融資といわれています。ただし、キャッシングと一口にいっても銀行の「カードローン」、クレジットカードにおける「キャッシングサービス」、消費者金融における融資など様々な種類があり、それぞれでサービス内容も異なります。

キャッシングの種類と特徴

キャッシングは「対象・目的」による分類と「貸し手(借入先)」によって分類することができ、それにより特徴が異なります。まずは、キャッシングの種類を「目的・対象」と「借入方法」に分けてそれぞれを解説していきます。

「対象・目的」によるキャッシングの分類

大きく「個人」を対象とする「個人向けキャッシング」、次いで個人事業主や法人などを対象とする「商工ローン」、最後に保証人や担保を必要とする「有担保ローン」の三種類があります。
このサイトで主に解説するのは、最初の「個人向けキャッシング」ですが、大雑把にこれら三種類の特徴も知っておきましょう。

個人向けキャッシング
最も一般的。限度額は10万円程度から数百万円までと幅広いです。ATM、店頭などで短時間の審査でキャッシングが利用できます。保証人・担保不要の「無担保ローン」ですが、その分適用される金利水準は有担保ローンよりも高くなります。

商工ローン等のビジネスローン(キャッシング)
個人事業主・法人を対象にしたキャッシング。ただしローンと呼ぶことの方が多いです。利用限度額が数百万円以上と高額設定されていることが多く、金利も個人向けキャッシングより低めに設定されています。
一方で、経営者やその家族などを保証人にしたり、自宅などの不動産を担保として求められることが多いです。

個人向け有担保ローン
個人でも「担保」を出すことによりより低金利、大型のキャッシングを行うことが可能です。不動産を担保とする場合には「不動産担保ローン」。株式などの有価証券を担保とする場合には「証券担保ローン」などと呼ばれます。どちらの場合でも「担保」を入れることで貸し手のリスクが減りますので、お金を借りやすく、また低金利で利用可能です。

 

「貸し手(借入先)」によるキャッシングの分類

貸し手によってもキャッシングサービスの内容は異なります。大きく「銀行(カードローン)」「消費者金融によるキャッシング」「クレジットカードのキャッシング枠を利用するキャッシング」に分類できます。
ちなみに、下記は上記で説明している「(無担保)個人向けキャッシング」の詳細な分類となります。

銀行(カードローン)によるキャッシング
最近では、銀行も個人向けのキャッシングに対してかなり前向きになっています。銀行によるキャッシングは限度額がかなり大きめに設定されていることが多く、金利も他のキャッシングと比較して低くなっています。
その代り、審査については他のキャッシングサービスよりは厳しく設定されています。また、最大の特徴の一つとして2010年6月より開始された「総量規制」の対象外という点も挙げられます。

消費者金融によるキャッシング
消費者金融の場合、審査は他のキャッシングより甘いが「小口融資」が基本となるので限度額は10万円~50万円程度と低めであるのが一般的です。また、金利も銀行のカードローンよりも高く設定されています。特徴としては審査が簡単、即日融資が可能といった点が挙げられます。
近年では競争の激化に伴い、高いといわれていた金利もかなり見直しされて、低金利でのキャッシングを提供する消費者金融も増えています。

クレジットカードによるキャッシング
クレジットカードには「ショッピング限度枠」と「キャッシング限度枠」という二つの枠があります。この内「キャッシング限度枠」という範囲であれば、クレジットカードを利用することで「キャッシング」としてお金を借りることができます。金利はかなり高めなので短期利用と割り切って利用するようにするのが一般的です。
ちなみに、クレジットカード会社の場合「キャッシング」と「カードローン」という言葉を明確に分けていることが多いです。キャッシング(翌日一括返済)、カードローン(分割・リボ払い)となっていることが多いようなので、注意してください。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。