勤続年数とキャッシング審査

重要属性の一つです。勤続年数が長い人はそれだけ信頼され、安定していると評価されます。一方で年収が高くも転職を繰り返し勤続年数が短いと安定性に乏しいと評価されてしまいます。融資する側はその人の将来性よりも安定性を重視するためです。これは住宅ローンなどの他ローンも同様に判断します。

特に、職業自体に安定性が低いとされる自営業、自由業などは勤続年数(事業年数)の長さが信頼に結び付きます。

勤続年数は「安定した収入」の証明

キャッシング会社では「安定した収入のある方」を条件にしています。これは単純に収入がある=安定しているとは判断していないということを意味しています。

たとえば、○○社の正社員として勤務という場合でも勤続年数が1年に満たないような場合は収入が安定しているとは判断されない場合もあります。

通常のサラリーマンのケースなら「1年以上の勤務」、自営業者や自由業の場合には「営業年数3~5年以上」が勤続年数として認められる水準といわれています。

 

勤続年数が短くても借りられるキャッシングはあるのか?

サラリーマンの場合で、1年未満という場合はなかなか貸してはくれないと思います。ただし、すでに利用実績がある場合などは有利なケースがあります。また、職業属性が高いなど他の属性が有利であれば勤続年数が多少短くてもOKというケースもあるようです。

勤続年数という評価は時間の経過によって得られるものです。長く働く人というのはそれだけ信用されるというわけですね。これはキャッシングだけにとどまらず、カードローンや住宅ローン、クレジットカードなどの審査でも同様です。

 

勤続年数は転職でリセットされる。

勤続年数は転職をすることで当然リセットされてしまいます。
そのため、キャッシングを利用する予定があるというのであれば、退職前に融資枠を確保しておくというのも手です。先に作っておけばそのあとで利用を断られるというケースは利用状況がよっぽど悪いなどが無い限りは無いでしょう。

キャッシングの利息・金利のしくみ」にも書きましたが、信用度が高いほどより高い利用限度枠が与えられる可能性があります。転職以外にも独立起業を考えているような場合も同様です。

独立して社長になっても、こうした金融機関から見た信用度は限りなく低くなります。安定しているサラリーマンの方が高評価されるということを知っておきましょう。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。