年収(収入)とキャッシング審査

年収については審査の上で与信枠(融資できる総額)に対する影響はありますが、低すぎない限りは問題ありません。ただし、2010年の「総量規制」以降は年収に応じて融資可能な上限枠が決まっています。一定額以上の与信枠を取る場合には所得証明の送付も必要になります。

キャッシング審査のボーダーは年収200万円以上

キャッシングの申込時には年収を書く欄があります。多くのキャッシング業者では安定した収入があれば利用できます。と書いていますが、収入の基本は200万円くらいといわれています。
ただし、直接的には収入のない「主婦」の場合は世帯主であるご主人が審査の対象になります(ただし、その場合後述の借入可能枠も夫婦共通となります)。

 

キャッシングで借りることができる借入可能枠の上限は「年収」で決まる

先ほど、キャッシング審査のボーダーは年収で決まると書きました。これは「総量規制」という規制で定められており、「年収の1/3まで」となっています。つまり、年収200万円で登録した場合には総借入枠(可能額)は約66万円となるわけです。
この可能枠は1社あたりではなく、全業者を含めてです。たとえば年収200万円の人がA社から借入可能枠40万円を持っている場合、新たにB社に申込をすると最大でも26万円の枠しか得られないことになります。

 

1社での借入枠50万円以上、全業者からの借入枠100万円以上では所得証明が必要

また、上記で記載している「1社での借入枠50万円以上、全業者からの借入枠100万円以上」を超える場合には「収入証明書」をキャッシング業者に渡す必要があります。
こうした収入証明書は「源泉徴収票(サラリーマンの場合)」「確定申告書の写し(個人事業主など)」が該当します。このほか、年度の1月1日時点に住んでいた市区町村「所得証明」を発行することができます。
なお、収入証明書については「キャッシングと総量規制」のページをご確認ください。

 

安定した収入とは?

そもそも、「安定した収入」とはどういった収入なのでしょうか?これについてキャッシング業者は明確な定義をあげていません。 基本的には定期的に入ってくる収入とされています。一般的には「給与」などの収入がこれにあたります。
一方でギャンブル収入などは安定した収入とはいえません。

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。