カードローンと債務整理

カードローンやキャッシングの利用において、利用が膨らみ返済がうまくいかないときは債務整理という手段を利用することができます。債務整理とは双方の話し合い、または法的な手続きによって債務(借金)の整理を行うことです。大きく私的整理と法的整理があります。

カードローンやキャッシングなどのローンの支払いができなくなった時の手続きというと「自己破産」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実はそれ以外にも複数の方法があります。できれば利用したくはないものですが、知識として理解しておくとよいかと思います。

なお、債務整理に関しての記述は一般論としての記載となります。個々のケースにおきましては弁護士等にご相談いただきますようお願いいたします。

返したくても返せなくなったときの債務整理

借金を返してくても返せないというときには「債務整理」という手段をとることができます。債務整理ときくと「自己破産」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実はそれ以外にも方法があります。

 

債務整理の種類

債務整理は大きく「任意整理」「民事再生」「自己破産」という三つの方法があります。それぞれで債務整理の内容や手続きは異なります。

 

任意整理

まず、任意整理というのは裁判所の手続きを経ずに当事者同士の話し合いによる債務整理を行う方法です。現状の返済額には無理があるけど、収入もあり多少の減額や猶予があれば返済が可能な場合などに適しています。また、マイホーム等の資産を残すこともできます。
なお、交渉については弁護士等の専門家を通じて行うのが一般的です。

なお、借金自体がなくなるわけではないので、無理のない範囲で返済を続けていく必要があります。また、信用情報機関には事故情報として登録されるので完済後も5年~7年程度はローンやクレジットカードなどを作ることはできません。

 

民事再生

民事再生手続きとは、裁判所の手続きを経たうえで行う債務整理の方法です。任意整理によっても、なお返済が困難な場合や、ローンの返済が非常に困難だが、住宅ローン返済中の自宅は手放したくないといった場合にとられる債務整理の方法です。
住宅ローン債務は減額できませんが、その他の債務は減額が可能となります。

なお、自己破産とは異なり、資格制限などは付きません。ただし、信用情報機関には事故情報として登録されるので完済後も5年~7年程度はローンやクレジットカードなどを作ることはできません。

 

自己破産

個人の債務整理の中でも一番、強力な債務整理が自己破産となります。裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにすることができる債務整理です。資産(財産)を放棄する必要がありますが(生活に最低限必要なものは除く)、返済が事実上不可能な借金を取り消すことが可能です。

なお、このほかに一定の資格を制限されます。たとえば破産者が欠格要件となる「弁護士」「司法書士」「税理士」などの資格は失います。また、会社役員としての資格も失います。このほかにも一定の業務が禁止される場合もありますが、復権も可能です。

 

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。