キャッシング利用ガイドキャッシング・カードローンコラム>20歳代のお金の使い方、貯め方で決まる30代

20歳代のお金の使い方、貯め方で決まる30代

社会人になって、貯金ゼロからスタートするとして30歳になった時、これまでのお金の使い方、貯め方次第で財務状況は大きく変わってきます。

ごく普通の収入のサラリーマン(ウーマン)でも、30歳代で貯金ゼロ(orキャッシング等でマイナス)と30歳代で1000万円近い貯金ができる人にわかれるものです。じゃあ、その違いはどんなところにあるのでしょうか?

まずは貯金を少しでもいいから計画的に行う

大切なのは「計画的」に貯金することです。
使わずに余ったお金を貯金するというのは計画的とは言い難いです。

計画的に貯金をするというのは、収入から最初に貯金分を差し引いてその後の残ったお金で生活をするといった具合に貯金ありきの支出を行うことにあります。

「積立貯金」などがそういった意味でおすすめの貯金方法と言えるでしょう。このほかにも勤務先次第ですが「財形」なども給料天引きの積立貯金ができます。
参考:自動積立貯金で毎月確実に貯金する

こうやって、貯金をすることと、残ったお金で生活をするという習慣を身につけること。これが30歳代になった時に貯金を十分に貯めるための条件といえます。

自分は30歳代で貯金ゼロだけど、ダメなのか?
いいえ、そういうわけではありません。しかしながら、若いころについたお金の使い癖というのは中々治りにくいものと言われています。

特に、家庭を持っているような場合は自分一人だけの意識では改善出来ないことも多いです。
もし、家計に問題があるのでしたら「FP(フィナンシャルプランナー)」などの専門家に家計診断と今後のアドバイスを求めるというのも一つの手段だと思います。

生命保険無料相談(FP相談)」などを使えば無料でFP相談を受けることができます。
ただし、半分は保険営業も絡んできますので、上手に扱う必要もあります。

そうした押しには弱いというのであれば、独立系のFPに相談するのも手です。こちらは相談料等がかかりますが、中立な立場での提案をしてくれるはずです。

 

キャッシングの利用は「家計収支がマイナス」の時は要注意

多重債務者にならないための返済心構え」でも説明していますが、家計収支がマイナスになっている状況でのキャッシング(カードローン)の利用は悪手です。

こういった場合に必要なのは借金ではなく、収支の改善です。特に収入はあるのになぜかお金が足りないという場合は家計の見直しが絶対に必要です。

収入と支出のチェック(家計の収支分析)」なども参考に、支出状況を改善していきましょう。
自分で家計簿を付けるのが苦手という方は、銀行の入出金やクレジットカードの利用履歴などから自動的に家計簿をつけてくれるツールなどを活用しましょう。

代表的なサービスとしては下記のようなものがあります。
お金を貯めたい人必見!ソニー銀行の人生通帳
無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード

どちらもパソコン、スマートフォンで利用できます。

バックナンバー

  1. カードローンの低金利競争が進む。ネット銀行が中心に銀行勢が攻勢(2015年8月)
  2. クレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられないというのは本当?(2015年7月)
  3. カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?(2015年7月)
  4. auの携帯電話があるなら、じぶん銀行のカードローンが超お得(2015年5月)
  5. 派遣社員はキャッシング・カードローンの勤務先は派遣元と派遣先のどちらを書くべき?(2015年5月)
  6. キャッシングやカードローンでお金を借りれる確率(2014年12月)
  7. お金を借りるというのは普通のこと?(2014年12月)
  8. 個人のカードローン利用者増加、銀行を中心に大幅増(2014年9月)
  9. キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう(2014年7月)
  10. 20歳代のお金の貯め方で決まる30代(2014年3月)
  11. 意外と多い、高所得者のカードローン利用者(2014年2月)
  12. 友達からお金を借りる時の注意と心構え(2014年1月)
  13. 保証人と連帯保証人はどう違う?(2013年7月)
  14. カードローンの利用目的は娯楽費、交際費がトップ(2013年3月)
  15. キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する(2012年11月)
  16. 危険なリボ払い。リボ払いで買い物するくらいならキャッシングで借りた方がお得(2012年6月)
  17. 借金をしなければいけないときに注意したい2つのこと(2012年5月)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。