キャッシング利用ガイド>キャッシングと審査

キャッシング・カードローンと審査

キャッシングはお金を借りることですから、当然貸す側(業者側)は審査を行って、この人に貸しても大丈夫かどうか?を審査します。「キャッシングと審査」では審査の内容や審査に通る上で絶対に理解しておきたいことなどを解説していきます。

キャッシング利用と審査

これからキャッシングを利用しようという方で一番気にされていることの一つが「審査」ではないでしょうか?キャッシングでは、利用時に必ず「審査」を行い、返済能力や返済資質を調査しています。
ここでは、具体的なキャッシング業者における利用審査の内容や評価についてできるだけわかりやすい形で説明していきます。

もちろん、キャッシングの審査については業者ごとに違いがありますが、基本的な部分は同じです。ただし、A社の審査に落ちたからB社もだめということでは決してありません。「申し込みの注意点」などをご覧になりながら、キャッシングの審査を利用して下さい。

キャッシング審査は様々な審査項目・属性を数値化(スコア化・点数化)してその合計点数が一定を超えていればOKといった形であることが多いです。また、審査に通る場合でもスコアによって「与信枠(借りれる上限額)」も変わってきます。審査の項目自体はクレジットカードの審査とも似ています。

 

審査と与信枠

「与信」というのは信用を与える書く通り、キャッシングなどのローンを提供する側が借りる側に対して与える借入の限度のようなものです。与信枠ともよばれたとえば、与信枠が60万円という場合、その利用者は60万円まで借りることができるという意味になります。
>>審査と与信枠

 

キャッシング審査で重視される属性

キャッシングによる審査は基本的に「属性」によるスコアリングで行われます。これは申込者の様々な情報を、過去の実際の利用者データと照らし合わせて審査するというものです。ここでは、キャッシング業者が行う審査の内、特に重視されている属性を解説していきます。
>>キャッシング審査で重視される属性
職業
年収
勤続年数
年齢
住居
携帯電話・固定電話

 

キャッシングの審査(申し込み)で嘘をついたら?

キャッシング審査。ついついよく見せようと思って、年収や勤続年数をごまかして書く。こんな風にキャッシングの申し込みで嘘の情報を書くとどうなるのでしょうか?キャッシングは「無担保」でお金を貸しています。じゃあ、なぜ担保なしで貸せるのか?というとあなたを「信用」するからです。嘘は信用を壊します。キャッシング審査で嘘はやめましょう。
>>キャッシングの審査(申し込み)で嘘をついたら?

 

キャッシング審査と個人信用情報機関

キャッシングの審査において重要なものが「個人信用情報機関」における情報です。個人信用情報機関というのは、個人の信用情報の収集および提供を行う機関です。ここでは、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの借入情報などが共有されています。各社はここで個人の支払い状況などを確認しています。ここに問題がある場合には、借入が困難となります。
>>キャッシング審査と個人信用情報機関

 

自分の信用情報を確認してみる

なぜかキャッシングの審査に通らない…。そんなときは自身の個人信用情報を確認してみることをお勧めします。過去に返済の遅延などがありそうした情報が審査を厳しくしている可能性があります。こうした場合は、まず一度個人信用情報を確認してみましょう。
>>自分の信用情報を確認してみる

 

キャッシング申込と申込書の書き方・注意点

キャッシングを利用する場合、申込書を書くことになります(WEB申込の場合はWEB上で入力)。この申込書に記述する内容についてもしっかりと間違いのないように書きましょう。ここでは、キャッシング利用申込時における申込書の書き方と注意点を解説します。
>>キャッシング申込と申込書の書き方・注意点

 

キャッシング審査と勤務先への電話・在籍確認

キャッシング審査の一貫として多くの場合で勤務先(勤め先)への電話確認や在籍確認が行われます。会社に本当に在籍しているかどうかの確認ですから、そう身構える必要はありません。最近では確認時に配慮してくれるキャッシング業者も多いのでしっかりと注意事項を確認した上で対応してください。
>>キャッシング審査と勤務先への電話・在籍確認

 

キャッシングの総量規制とは?

2010年6月からキャッシングに対する「総量規制」という規制が行われることになりました。この総量規制によりキャッシング利用の上限額が年収の1/3までに制限されるようになりました。ただし、貸金業者ではない銀行が直接行うキャッシングは対象外など、やや複雑な部分もあります。ここでは、キャッシングの総量規制についてわかりやすく解説していきます。
>>キャッシングの総量規制とは?

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。