キャッシング利用ガイドキャッシングの基礎知識賢いお金の借り方>収入と支出のバランスを考えた借入を行う

収入と支出のバランスを考えた借入を行う

よく消費者金融のテレビCMなどで表示される「収入と支出のバランスを考えましょう」といった文言。あたりまえじゃないか!と思うかもしれませんが、これはキャッシングに限らず、借金をするときの重要な考え方です。このバランスがおかしい状態でのキャッシングは身を破滅させる恐れがあります。

キャッシングを利用しても大丈夫な人

キャッシングやカードローンなどの高利の借入をしても大丈夫な人の条件は一つです。

・収入が支出を上回っているひと

これです。この状態でない人はキャッシング等を利用してはいけません。また、利用するのであれば、まずは支出の削減(または収入の増加)が必要不可欠です。

収入が支出を上回っている金額の大きさは、その時点の「返済余力」であると言い変えることができます。
それ以上の金額を毎月返済することはできません(貯金を取り崩せば別ですが、そういう人は借りる前にそっちを使いましょう)。

つまり、収入-支出=返済余力がプラスではない人は、借金をしたとしても、その次の月にはその借金の返済がさらに支出となって、返済余力がどんどんマイナスになっていきます。

となってくると、それは単純に「多重債務者への入口」です。

 

返済余力がプラスの人の借り方?

返済余力がプラスであればひとまず利用できます。
一時的なお金の不足に対応するためにキャッシングを利用するというスタイルなのでしょう。

注意したいのはキャッシング、カードローンを利用することで翌月以降はその返済がスタートし、返済余力が低下するということです。毎月の返済額が現状の「収入-支出」の金額を上回っていないかを確認しましょう。

もし、借入によって返済余力がマイナスとなるようであれば、支出の見直しなどを実施しましょう。

 

返済余力がマイナスの人はどうすればいいの?

まず、安易なキャッシングやローンの利用は控えます。
現状ではそれ以前にやるべきことがあるはずです。

  1. 支出の見直し
    特に見直しがしやすい固定費関連をチェックしましょう。無駄な保険、定額で支払っているサービスの解約などは効果的です。参考:固定費用用を見直そう
  2. 収入の改善
    可能であればアルバイトなどで収入を増やす

また、どうしてもお金が必要な場合は公的融資が使えないかを検討するべきです。
参考:生活再建のため公的融資が利用できるケースもある

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。