キャッシング利用ガイドキャッシングの基礎知識賢いお金の借り方>目的型のローンや有担保ローンが使えないか?

目的型のローンや有担保ローンが使えないか?

一般的に、カードローンやキャッシングは使途を限定しないローンです。また、無担保で担保や保証人不要で借りることができます。その手軽さゆえ金利が高くなっているのです。目的が限定されている教育ローンやリフォームローン、また担保を差し入れるタイプのローン(証券担保ローンなど)はキャッシングやカードローンよりも低コストでお金を借りることができます。こうした目的型ローンと資金使途があっていれば、こちらを使う方がお得です。

目的別ローンは金利が安い

代表的なところで言うと、教育ローン、マイカーローン、ブライダルローンといったように、それぞれのローンにおいて特定の用途として使うことに限定したローンとなります。

一般のキャッシングやカードローンには資金使途についてはおおらかですが、こうした目的別ローンは資金使途は限定されています。

その代り、目的別ローンはキャッシング・カードローンと比較して金利が押さえられているというのが特徴です。なんにでも使えるわけではありませんが、目的が合致するのであればこうした目的別ローンを利用する方が金利負担は小さくて済みます。

・マイカーローン(自動車購入のためのローン)
・バイクローン(バイク購入のためのローン)
・教育ローン(入学金、授業料などの教育資金のためのローン)
・ブライダルローン(結婚式、披露宴、新婚旅行、ウエディングドレスなどの費用のためのローン)
・トラベルローン(旅行費用のためのローン)
・リフォームローン(住宅リフォームのためのローン)
・引越費用ローン(引っ越し費用などに利用できるローン)

なお、一部の銀行などでは、「ブライダル」「引越」「旅行」「家具家電の購入」などのいくつかの目的に使用できる多目的ローンとして目的別ローンを提供している銀行もあります。

目的別ローンのお勧め銀行

住信SBIネット銀行「目的ローン」
教育ローン、自動車ローン、リフォームローン、多目的ローン、フリーローンを用意しています。いずれも金利が最大5%程度までとかなり抑えられています。

 

 

担保となるものがあれば、有担保ローンもおすすめ

また、一般のキャッシング・カードロンは「無担保」で行われます。
一方で、金融機関になんらかの資産的価値がある「担保」を入れることができれば、金融機関にとっての貸し倒れリスクが小さくなるため、より有利な条件で融資を受けることができます。

有担保ローンとして代表的な担保となるのは、不動産・土地など、・有価証券(株や国債など)が代表的です。こうした担保となる資産を保有された上でお金を借りたいという場合はこうした有担保のローンを利用する方が金利負担を小さくできます。

・不動産担保ローン(マイホーム・マンションなどの不動産を担保にお金を借りるローン)
・証券担保ローン(上場企業の株式を担保としてお金を借りるローン)


キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。