余裕があるときは繰上返済をする

繰上返済とは、本来の返済額よりも多い金額を「くりあげて」返済するというものです。住宅ローンなどの高額ローンでは利息負担を減らすためにかなり積極的に行われる返済ですが、キャッシングでももちろん、繰上返済は可能です。ちなみに、「臨時返済」「一部繰上返済」と呼ぶ場合もあります。

繰上返済・臨時返済で利息負担を大幅減

キャッシングやカードローンの返済は、通常毎月定額を返済していく形になるわけですが、繰上返済や臨時返済というのは、通常の返済に加えて、余計に返済をするというものです。
これは、利息負担という観点からはかなり大きな影響を与えます。

たとえば、50万円の借入をおこなって、それを毎月5万円ずつの10回で返済する計画。金利は年15%で元金均等返済方式で返済するとした場合の考えていきます。この場合、下記の表のような返済をすることになります。(繰上返済・臨時返済なし)

返済回数 返済元本 金利 残債
1ヶ月目 50,000円 6250円 45万円
2ヶ月目 50,000円 5625円 40万円
3ヶ月目 50,000円 5000円 35万円
4ヶ月目 50,000円 4375円 30万円
5ヶ月目 50,000円 3750円 25万円
6ヶ月目 50,000円 3125円 20万円
7ヶ月目 50,000円 2500円 15万円
8ヶ月目 50,000円 1875円 10万円
9ヶ月目 50,000円 1250円 5万円
10ヶ月目 50,000円 625円 0万円
合計 60万円 34375円  

上記のケースで仮に、3ヶ月目に余裕があって10万円を繰上返済(臨時返済)した場合を考えます。(期間短縮型とする)

返済回数 返済元本 金利 残債
1ヶ月目 50,000円 6250円 45万円
2ヶ月目 50,000円 5625円 40万円
3ヶ月目 50,000円+100,000円 5000円 25万円
4ヶ月目 50,000円 3125円 20万円
5ヶ月目 50,000円 2500円 15万円
6ヶ月目 50,000円 1875円 10万円
7ヶ月目 50,000円 1250円 5万円
8ヶ月目 50,000円 625円 0万円
合計 60万円 26250円  

すると上記のようになり、繰上返済をしたことにより本来支払うべきだった利息と比べて「8125円」も節約することができるわけです。

余裕があれば繰上返済・臨時返済を積極的に行っていきたいところです。

 

繰上返済・臨時返済の注意点

繰上返済や臨時返済を行う際の注意点は「決して無理をしないこと」です。キャッシングやカードローンの繰り上げ返済は、あくまでも臨時の返済であって、それが翌月以後の返済に影響を与えることはありません(利息は少なくなりますが)。

つまり、今月沢山返済したから、来月は返済しなくてもいいということにはならないのです。上記の例を見ていただくと分かる通り、3ヶ月目に10万円の繰上返済をしても翌月には通常と同じ5万円の返済をする必要があるのです。(もっとも、先に支払っている分、残りの2カ月分の返済はなくなる形になります)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめではありますが、柔軟で最短30分で融資可能となっています。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング3位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。