家族に借金がバレる理由と対策

借金をしていることを家族に知られたなくないという方も多いと思います。今回は、クラウドソーシングを利用して実際にキャッシングやカードローンを使って、家族に内緒でお金を借りていたけど、借金がバレてしまったという人に調査を行いました。逆に、これらの対策ができていれば借金がバレるリスクを大きく減らせることになります。

借金がバレてしまった40人の理由

  • ローン会社からの郵便物が届いた
  • ローン会社から借金の督促の電話がかかってきた、郵便が届いた
  • ローンカードが見つかってしまった
  • 通帳が見られてしまった(振込履歴)
  • カードローンの利用明細が見つかってしまった

主な理由はこれらになります。言い換えてしまえば、これらが無いようにしてしまえば、お金を借りていることは分からないという事になりますね。

 

ローン会社からの郵便物が届いた

最近のカードローン、消費者金融では原則として郵便物を自宅に送らないというところが多いです。ローンカードを無人契約機で受け取り、郵送物不要の手続きをすれば、郵便物を送ってこないというものです。

たとえば、「プロミス」はペーパレス取引に対応しているので郵便物は送られてきません。

 

ローン会社から借金の督促の電話がかかってきた、郵便が届いた

督促されるような状況にしないというのが一番です。というか、それしかありません。

そもそもですが、カードローンやキャッシングなどの遅延・延滞は個人信用情報に対して重要な問題を引き起こすことになります。

参考: キャッシング審査と個人信用情報機関

遅延・延滞は絶対にしないということを心がけましょう。

 

ローンカードが見つかってしまった

お金を借りつためのカード(ローンカード)が見つかってしまうというケースですね。

最近の消費者金融、銀行カードローンのカードはデザイン的にもシンプルなものが多く、よくよく見ないとローンカードとはわからないようになっています。使った後に財布の中にしっかり入れておく、あるいはすぐには取り出せない財布の奥の方やポケットに入れておくといった方法がります。

なお、消費者金融の「プロミス」「モビット」については、カードレスにも対応しています。この場合は振込キャッシングとして銀行振込でお金を借りることになります。

 

通帳が見られてしまった(振込履歴)

消費者金融や銀行からの振込・返済といった記録を通帳を経由してバレてしまったという話もあります。

こうしたリスクを減らすのであれば、紙の通帳をそもそも発行しない(最近はペーパレス口座もあります)、といった方法がありますね。

また、ネット銀行(ネットバンク)であればそもそも通帳が発行されませんので、通帳経由でバレてしまうことありません。ネット銀行大手の「住信SBIネット銀行」ならMrカードローンという銀行カードローンもあります。

なお、ネットバンクの場合はアプリを通じて残高や利用明細等を確認することができます。

 

カードローンの利用明細が見つかってしまった

これは普段の心構えで何とかなると思います。明細は財布に入れたりせずにその場で破棄するようにしましょう。

 

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行MR.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。カードローンの料金ともいえる金利面が魅力。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。