キャッシング利用ガイドキャッシング業者比較>キャッシング業者の選び方>キャッシング審査の厳しさと金利(利息)の関係性について

キャッシング審査の厳しさと金利(利息)の関係性

キャッシング審査の厳しさと金利(利息)については相関関係(審査が厳しい=低金利、審査が甘い=高金利)と書きましたが、なぜそうなるのか?ということについての関係性をまとめました。知らなきゃいけない情報ではありませんが、興味がある方がご一読ください。

審査の厳しさと金利(利息)の関係性について

一般的に審査が厳しいとされる銀行カードローンと、審査がそれよりは甘いとされる消費者金融のキャッシングとの金利差にはどのような関係性があるのでしょうか?

なぜ銀行は低金利のローンを提供でき、消費者金融はキャッシングにそれより高い金利がかかるのか?です。お互い無担保、無保証である点は同じです。大きな差は「貸倒リスク(信用リスク)」の違いです。

 

貸し倒れリスクの差

まず、銀行では十分な審査を行います。そのうえで、借り手がきちんと返済できるかを十分に審査しているのです。その結果、貸し倒れ(返済できない)リスクが減ることにより、低金利でのキャッシングが提供できるのです。一方、審査を甘くすればするほど、「貸し倒れリスク」は高まります。
結果として、審査があまり消費者金融会社ほど、高金利でのキャッシングを提供せざるを得なくなります。

実際に考えてみます。1000人の利用者(一人10万円の借入で1億円)がいるとしてA銀行は金利5%で貸し出し、B金融は金利10%で貸し出しをしているとします。
A銀行は審査が厳しく貸し倒れ率は0%、B金融は審査が甘く貸し倒れ率は5%だとします。

A銀行:年間収益:1億円×5%=500万円 貸し倒れ費用:1億円×0%=0万円 総利益:500万円
B金融:年間収益:1億円×10%=1000万円 貸し倒れ費用:1億円×5%=500万円 総利益:500万円

このように、A銀行の方が圧倒的に金利は安いにも関わらず、総利益は同じになっています。(あくまでも一例です。簡略化しています)

経済的には「金利が安い=安い金利でも収益を確保できる」形なわけですから、審査はより厳しくなります。逆に審査が甘い業者の場合には貸倒が発生しても利益を出せるだけの金利が必要になるわけです。

 

一般的には審査が厳しいとされるカードローンほど金利も低い

以上から言えることは審査が厳しい銀行カードローンほど、より低金利で資金調達ができる可能性が高いということが分かります。

特に、カードローンやキャッシングを利用しようと思っている方は審査に落ちたら怖いと思っているかもしれません。最初の利用であれば、まずは金利の低い銀行カードローンから利用してみるというのは正しい行動だと思います。
参考: 銀行カードローン人気ランキング

それでだめならいわゆる消費者金融などにシフトすればいいだけです。

 

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。住信SBIネット銀行の口座があれば最短で即日融資も可能となっています。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱東京UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。