銀行カードローンが普及し、銀行がそれに力を入れる理由

これまで専業の独壇場だった消費者に対する無担保融資について、近年は銀行本体自身が行うようになっています。銀行が主導する形で従来の専業キャッシングサービスを銀行本体に取り込む形も加速しています。今回は銀行本体による無担保融資(カードローン)の拡大について考えていきます。

銀行本体が専業キャッシング(消費者金融)を吸収

まず、今進んでいるのはこのキャッシング会社(消費者金融会社)を銀行が吸収して自社のサービスに組み込み直すという動きが進んでいます。

昔から、消費者金融は、様々な銀行グループの出資を受ける形で、○○銀行グループといったような表現がされることが多かったかと思います。これはあくまでも株主(親会社)が銀行であって、あくまでもキャッシングのサービスを提供しているのは消費者金融(貸金業者)という扱いでした。


たとえば、専業キャッシングサービスだった「レイク」はあくまでも新生銀行グループの一企業という形でした。しかしながら、2011年10月には「レイク」ブランド自身を新生銀行自身が取り込む形で、新生銀行「レイク」として銀行本体による銀行カードローンサービスとなっています。

また、大手流通の金融会社イオンクレジットサービス(イオン系)は、同グループのイオン銀行と経営統合し、カード事業を引き継ぐ形になっています。

このように、これまではキャッシング・消費者金融という「専業」が行ってきたサービスを銀行という金融機関本体が行うような流れとなっています。

 

最大の理由は総量規制により消費者金融としての事業拡大が難しくなった

その流れの理由はあきらかで「総量規制」が大きな影響を与えています。この総量規制によりキャッシング利用の上限額が年収の1/3までに制限されてしまいます。

これによって所得が無い「学生」や「主婦」といった従来までの大口顧客に対するサービスが実質不可能になってしまったという点がこの動きの理由とえいるでしょう。

銀行は貸金業者ではなく、銀行法という別の法律で規制がされているので貸金業法上の規制である総量規制の影響を受けることはありません。ですから、年収の1/3規制といった部分が必要ありません。

このため、消費者金融についても銀行の一部門として銀行カードローンと変わることでこうした規制から外れて自由な営業ができるようになるというわけです。

 

総量規制って何なんでしょうね。

総量規制を始めるときに、対象は貸金業者だけで、銀行は対象外となっている時点でこのルールを作るときにしっかりと設計をしておかなければならなかったんだと思います。

銀行自身にしてみれば過当競争の住宅ローン、低迷する企業の資金需要などから新たな融資先(収益源)を求めていたはずなのでちょうどよかったのでしょうけど。

ちなみに、総量規制など貸金業者に対する規制についてはまた変更されることが議論されているようです

 

このコラムは2012年10月に書かれたものです。

バックナンバー

  1. カードローンの低金利競争が進む。ネット銀行が中心に銀行勢が攻勢(2015年8月)
  2. クレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられないというのは本当?(2015年7月)
  3. カードローンの利用履歴があると住宅ローン審査で不利になるのか?(2015年7月)
  4. auの携帯電話があるなら、じぶん銀行のカードローンが超お得(2015年5月)
  5. 派遣社員はキャッシング・カードローンの勤務先は派遣元と派遣先のどちらを書くべき?(2015年5月)
  6. キャッシングやカードローンでお金を借りれる確率(2014年12月)
  7. お金を借りるというのは普通のこと?(2014年12月)
  8. 個人のカードローン利用者増加、銀行を中心に大幅増(2014年9月)
  9. キャッシング返済は最高の資産運用だと考えよう(2014年7月)
  10. 20歳代のお金の貯め方で決まる30代(2014年3月)
  11. 意外と多い、高所得者のカードローン利用者(2014年2月)
  12. 友達からお金を借りる時の注意と心構え(2014年1月)
  13. 保証人と連帯保証人はどう違う?(2013年7月)
  14. カードローンの利用目的は娯楽費、交際費がトップ(2013年3月)
  15. キャッシング・カードローンを利用する必要性を吟味する(2012年11月)
  16. 危険なリボ払い。リボ払いで買い物するくらいならキャッシングで借りた方がお得(2012年6月)
  17. 借金をしなければいけないときに注意したい2つのこと(2012年5月)

キャッシング申込ランキング ベスト3

ランキング1位:プロミス

初回時は利用の翌日から30日間は無利息となります(※)
金利:4.5%~17.8%

ホームページ上での借入シミュレーションが利用でき、「借りれるかどうか?」を知らせてくれます。パート・アルバイトの申込可。※無利息サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
>>プロミスの金利や利用限度額、審査等についての詳細

ランキング2位:住信SBIネット銀行MR.カードローン

ネットバンクならではの低金利カードローンが魅力
金利:0.99%~14.79%

ネットバンク最大手の住信SBIネット銀行が提供しているカードローンです。カードローンの料金ともいえる金利面が魅力。
>>住信SBIネット銀行カードローンの詳細

ランキング3位:三菱UFJ銀行カードローン

銀行カードローンならではの1.8%~14.6%の低金利カードローン
金利:1.8~14.6%

三菱UFJ銀行のカードローン。金利は最低1.8%~14.6。最大融資可能額500万円、審査はやや厳しめ。
>>三菱UFJ銀行カードローンの金利や利用限度額、審査等についての詳細

Category & Menu

キャッシングを利用する上でおさえておきたいポイントを解説します。また、あなたにぴったりの条件に合わせたキャッシング業者の比較もできます。